There is wedding ここにある結婚式 岡澤ひとみ

上質で温かく、価値のある結婚式に必要な全てを書いています

結婚式当日のサービスって、感じ良くあって欲しいよね?

結婚式場を決める時、ブライダルフェアーに行くと思います。

会場に入ると、そこの空気感って、分ったりしませんか?

スタッフの笑顔がいいとか、会場の中は清潔感があるとか。

試食したら、お料理を運んできてくれる人も感じがいいとか・・

反対に忙しそうなスタッフが多いとか、スタッフの私語が多いとか、

冷たい空気が漂っているとか・・。

人間って、自分の好きな空気感を見分ける能力があると私は思います。

その感覚は信じたほうが良くて、あれ?って気になったところは、最後までつきまとうものです。これって結婚相手も同じ(笑)

 

少なくとも結婚式の1日くらい、感じの良いスタッフに感じの良い接客をして欲しい・・特別な日なんだからさ、、。お二人がそう思うのって当たり前の感覚です。

 

だから、ウエディングプランナーだけが感じ良くて、あとのスタッフは全員アルバイトで、なげやりな感じとか、あきらかにサービスが素人よね・・っていう会場は避けたいですよね。

人手不足はどの業界も深刻です。

アルバイトだって、なかなか見つからない状況。

だから、ある程度妥協も必要なんだけど、

これはひどい・・という会場もあるかも知れません。

(最近、改善されてきているとは思います)

f:id:thereiswedding:20191103155706j:plain

 

例え全員がアルバイトでも、その全員が一生懸命で、いつも笑顔で、ゲストをおもてなししてくれたり、お二人を祝福する純粋な気持ちを持っていて欲しい。

だから、私がプロデュースするウエディングはスタッフ力が超重要なのです。

 

上質なサービス、上品な雰囲気、温かい対応、気持ちの良い挨拶と笑顔、なにより結婚式の意味とか意義とか、もっと簡単に言えば、

お二人をお祝いする純粋な気持ち、それを持ったスタッフと結婚式を創りたい。

 

どんな仕事もそうだけど、どこで働くかではなく、誰と働くか?

私はそう思って仕事をしています。

 

特に、上品と上質は私の中で、大きなポイントです。

 

スタッフの言葉使いや、立ち居振る舞いや、服装。

そんな1つ1つが披露宴のデティールにつながると考えています。

もちろん、私も今の時代に、そんなスタッフばかりを集められるか?と言われると、自信がある訳ではないけど、そうしたい!という気概だけは絶対失わず持ち続けています。

 

ぶっちゃけ、披露宴のアイテムにお金をかけなくてもサービススタッフのサービスが最高なら、その空間って、いい感じになるんです。

場を作る人たち、パーティーを創る人たち、私はやっぱり「人」にこだわりたい。

皆さんは、どんな会場で結婚式をしたいですか?

 

今日も、そんな問いかけで終わりたいと思います。 

 

皆さまの結婚式が、幸せで上質で、最高の1日でありますように。

 

ご質問やご相談は大好物です!