There is wedding ここにある結婚式 岡澤ひとみ

上質で温かく、価値のある結婚式に必要な全てを書いています

初めてブライダルフェアーでもらう見積もりの考え方

今日は、ウエディングの撮影をしていただくカメラマンさんとの、打ち合わせでした。

センスの良さはもちろんですが、同じ視点と同じお客様に対する想い、そして共通の夢やヴィジョンが無ければ、一緒には仕事が出来ないので、そんなお話しに終始しました。

f:id:thereiswedding:20191104185053j:plain

 

さて、前回はブライダルフェアー予約方法について、書きました。

ブライダルフェアーの来館特典は予約の仕方が大事って? - There is wedding ここにある結婚式 岡澤ひとみ

今日は、そこで初めてもらう見積もり(「初期見積もり」なんて言ったりします)について、書いてみたいと思います。

 

この初期見積もりについては、以前からSNSなどで話題ですから、情報感度の高いプレ花嫁さんなら、既に常識だと思います。

「この見積もりから、最終に支払う金額って上がるんだよね」ってことです。

 

そうなんです。

 

この初期見積もりは、あくまでも初期で、あくまでもベーシック。

 

お二人の希望や、夢は反映されていないことが多々あります。

 

もちろん、結婚式場によっては、最初の段階から最終見積もりに近い見積もりを、

出してくれる場合もあるのですが、それをしちゃうと、カップルさんが他社の初期見積もりと比べ、「え?あの会場より50万円も高いの?無いわ~。」ってなって、決定してもらえない訳です。

 

「いや、こんなに他社と比べて、高いには何か理由があるはず。どうしてこんなに高いの?」なんて、質問してくださったら、涙が出るほど嬉しいです。

 

ですが、大抵はもう金額を見ただけで潮が引くように、さーっとお客様が引いて行かれるのがわかります。

 

正直に出した見積もりを見て、お客様が他会場で決定しちゃうという・・・。

プランナーとしては、悪夢です。

 

でも、ここはやっぱり「プランナー力」ですよね。

「私どもは、最終のお支払金額に近いお見積りをお出ししていますので、詳しくご説明させてください」と、しっかりお話ができれば、

 

お客様も「なるほど、そういうことですか・・」と言っていただけるはず。

 

最近は、それをご存知のお二人から「ここからどれくらい金額あがるんですか?」なんて、先にご質問をいただけることもあります。

 

すごい!プレ花嫁様!

 

そこで、プランナーさんが、他社より高いにはどんな理由があるのか、説明できないようでは、お話になりませんよね。

 

「高い」にも色々理由があると思います。

例えば・・・

1、最終見積もりの金額に近い見積もりを提示しているから

 

2、最高のスタッフをそろえ、最高のおもてなしをしているので、人件費が高いから

 

3、乾杯がシャンパーニュだから(これは私のウエディングにありがちの理由・・趣味が偏っております。もちろんリーズナブルなスパークリングワインも、美味しいのをご案内します)

 

4、お料理の食材が高級だから。

 

5、その他、他社とは違う何かの工夫や演出があるから

 

ざっと挙げれば、こんな感じでしょうか?

 

そうやって、1つ1つ理由を聞いたり、

値段に変えられない価値をプランナーさんから聞いて納得できたら、

それは素晴らしいことです。

 

どんな業界でもビジネスなので、

売上げが従業員のお給料に直結し、今後の会社の運営にも響いてきます。

 

ですから、この初期見積もりも、結婚式のお値段も経営者の考え方、ひとつだと思うんですよ。

 

「私たちは、お値段が優先順位1位なんです。」というカップルさんのリクエストも、

大切な大切な想いです。

 

私は、そういうところに、柔軟に応えていけるプランナーでありたいし、

 

お客様と誠実なコミュニケーションが取れるプランナーでありたいと思っています。

 

お二人との信頼関係、そこからが結婚式の全てのスタートだと思います。

 

お二人の結婚式が、上質で温かく価値のある1日となりますように。

 

どんなことでもお気軽にご相談ください