There is wedding ここにある結婚式 岡澤ひとみ

上質で温かく、価値のある結婚式に必要な全てを書いています

結婚式と披露宴の違い。そして挙式の種類など。

「結婚式」って言ってるけど、それって「披露宴のこと?」

意外と知っているようで知らないのが、結婚式と披露宴という言葉ですよね。

今日は、結婚式と披露宴の解説と、最近どんな結婚式が増えているのか?も合わせて書いてみようと思います。

 

【目次】

1、結婚式とは?

2、披露宴とは?

3、結婚式の種類

 

では、まず

1、結婚式とは?

簡単に言うと、二人が結婚の誓いを立てる儀式のことです。

挙式と言われるものにあたるのが、結婚式ですね。

 

2、披露宴とは?

挙式のあとに行われる食事会のことです。

ゲストを招いて、お祝いの食事を共にするイメージです。

会場には、もちろん貸し切りの邸宅ウエディングゲストハウスや、

ホテルのバンケットルーム、お洒落なレストラン、海の見える貸会場や、

山の中にある素敵なプライベート会場など、

最近は比較的どこでもクオリティの高いパーティが出来るようになりました。

なぜなら、お料理のケータリングや、椅子や空間装飾のレンタル会社が誕生してきたからです。

ここは、私たちの腕の見せ所ですね。

お二人のイメージでどんな会場も創り上げていきます。

 

3、結婚式の種類とは?

教会式・チャペル式

キリスト教の教えに則って、行われる挙式です。

カソリック(カトリック)とプロテスタントという2大宗派がありますが、

ホテルやゲストハウスで行われるキリスト教式は、ほぼプロテスタントでしょう。

なぜなら、カトリックの挙式を挙げたい場合は、

信者であることが前提となるからです。

式を司る人もカトリックでは「神父」

プロテスタントでは「牧師」と言います。

衣裳はやはりウエディングドレスが一般的ですが、

決まったスタイルで必ずという訳でもありません。

 

人前式

2000年以降にぐっと増えてきた人前式。

宗教によらない結婚式で、参列してくださったゲストが結婚の証人となります。

進行も、演出も決まった形はありません。

プロの司会者が司会をすることが多く、どんな場所でも挙式が可能というメリットもあります。

ゲストが誓いの言葉を読み、それに二人が1つ1つ同意したりする、

ゲスト参加型の人前式が増えてきましたね。

衣裳は、ウエディングドレスでも和装着用でも、どちらでもOK!

自由度の高い結婚式となります。

 

神前式・神社式

神社や会場内にある神殿で行う結婚式です。

和婚ブームもあり、最近では京都の神社で結婚式だけをするカップルも多いですよ。

もちろん、地元の神社で結婚式をされる方もいらっしゃるでしょう。

事前に、神社への申し込みが必要になります。

弊社では京都でのお式のお手伝いや、写真撮影のお手伝いも行っております。

 

仏前式・仏式

仏様の前で執り行われるお式です。

仏前式はご先祖のお墓がある菩提寺や、自宅に僧侶を招いたり、

またこれも、神前式と同じで京都のお寺で行うことも可能です。

ご友人も参列できることがほとんどです。

例えば京都の有名なお寺「知恩院」さんなどは、

弊社が予約も行い、ご案内できます。

おごそかで、温かみがあり、なにより文化財のお寺を背景に撮影する記念写真は、荘厳で、お友達とも被らない結婚式を感じていただける場所です。

お寺の裏庭でのお写真撮影は、結婚式をされる方のみが入れる特別な場所ですよ。

 

f:id:thereiswedding:20191109210250j:plain

(知恩院さん)

f:id:thereiswedding:20191109210317j:plain

(知恩院さんの親族やお友達の控室の一つ)

 

さて、あなたはどんな結婚式や披露宴に興味がわきましたか?

なんなりとご希望をお聞かせくださいね。

 

あなたの結婚式が上質で温かく、価値のあるものでありますように。