There is wedding ここにある結婚式 岡澤ひとみ

上質で温かく、価値のある結婚式に必要な全てを書いています

【元婚活プランナー岡澤】40代が交際するためのたった2つのポイントを教えます

私は仲人士という資格を取り、ブライダルの仕事の傍ら、仲人を興味本位で数か月だけやっていたことがあります。

1組成婚できたので、それで満足してしまい、今はやめてしまいましたし、今後もやることはありませんが、とても勉強になる経験でした。

 

f:id:thereiswedding:20200118003745j:plain

 

 

お見合い会社のシステムでは30代40代の男女は苦戦を強いられる

岡澤がしていたことは具体的には、婚活中の女性の釣書を預かり、婚活中の男性とお見合いをしてもらって、交際まで進んだら、結婚するかどうかを決めてもらい、結婚となれば成婚に対しての報酬をいただくというお仕事です。

 

毎月、月謝のような会費をいただいて(私は月1万円で、お見合いは無制限に何回でもできるスタイルにしていました)

 

お見合い会社のシステムを利用するので、それこそ数千人とお見合いをできる計算なのですが、結局、男性は若い女性にばかり申し込むため、40代や30代後半の女性は、お見合いを組むのも、なかなか難しいのです。

 

ただ、そんなシステムをずっと観察していて、私は1つの方法を見つけました。

 

この方法を使えば、私のお世話している40代の女性にお申し込みが殺到し、必ずお見合いが組めるのです。

そして大抵は、交際まで発展します。

 

私は、数か月しか、仲人の仕事をしませんでしたが、1組、ご結婚に導くこともできました。

 

今日は、婚活中の女性や、お見合いの仕事をされている方に、お役に立つかもしれないので書いてみようと思います。

 

でも、これはあくまでテクニック的なものですし、これが全てだとは思っていません。

 

ただ、まずは出会えなければ、結婚にはたどり着かないので、その最初の1歩だという感じで読んでいただけると幸いです。

 

若い子にばかり目が向きがちな婚活男性を、40代の女性の釣書にどのように注目をさせるか?

 

コツは次のたった2つです。

そして、恐ろしく効果があります。

 

 

1、写真にこだわる

正直な話し、男性が注目しているのは、まずは写真です。それも、普通のスナップ写真が通用するのは20代~30代の女性だけです。

40代になると、プロにメイクをしてもらい、とびきり腕のいいカメラマンに撮影してもらうことが必須です。

さらに、服装も白いお洋服で清楚な感じが大切です。

こんなことを書くと、嫌悪される女性も多いと思うのですが、どの女性に申し込みが殺到するのか?を経験上、あの時、見てしまったので、そういう傾向であることは間違いないと思います。

 

2、紹介文にキラーワードを散りばめる

釣書や紹介文に、この言葉を入れると間違いなく、お申込み殺到!という言葉があります。そうです!キラーワードです。

 

背が高い女性は「モデル体型」

背が低い女性は「アイドルのような」

高学歴すぎる女性は「女子アナのような」

を使います。

 

他にも、

お料理が趣味

パンを自宅で焼くのが趣味

お菓子を手作りするのが好き

お店ができるくらいお料理上手

スタイル抜群

癒し系

 

これらは、オールマイティでした。男性からのお申込み殺到です。

 

「なんだか、滑稽で嫌だわ」と思う女性も多いと思います。

そうですよね。わかります。私も女性として、なんだかなぁ・・と思うんです。

 

ですが、どうしても第1印象が書面なので、そういう言葉が、まずは男性には必要のようです。

 

この2つの方法で、私のお世話していた女性たちはすぐ、お申し込みが殺到しました。

 

もちろん、お世話していた女性がみなさん、美しい方ばかりだったというのが、最大のポイントだったと思いますが。

 

年齢的にも釣り合いが取れているので、お見合いをして、気が合って交際がスタートし、1年以内で結婚されるケースも。

 

逆に男性の場合は、

「イケメンで俳優みたいです」

「高身長でモデルみたいです」という言葉まで書かなくても、

「年収〇〇〇〇万以上です」とか、職業や勤めている会社名で選ばれていたりします。

  流行りの婚活アプリにも応用可能

最近は、婚活アプリからと交際し結婚するという方も多くおられます。

こうしたアプリからいろいろな人と出会うツールが増えたことで

「写真にこだわる」「キラーワード」を入れることが閲覧数を増やし多くの人と出会うチャンスが増えるように思います。

 

出会うためのテクニックよりも人柄とフィーリングが大切

これは最初に出会うためのテクニック的なものですね。

出会ったあとは、お二人のフィーリングと、お人柄が合うことが絶対だし、結局、お見合いをしても、ご結婚に至らないケースも多数ありました。

 

「まずは、出会いだわ」と考えているときには、少し参考になる情報かもしれません。

「写真や紹介文が、実際会ってから、違うと思われませんか?」と、婚活女性からよく聞かれたんですが、はっきり言って大丈夫です。

紹介文が刷り込まれているのか、

「あ、モデルみたい」「アイドルみたい」

と思われます。男性から感想聞いたら、みんなそう言ってました。

 

 

交際が始まっても、デートの場所は大切ですね。

男性がリードする場面ですが、ここが失敗している人が多く、ちょっと残念でした。

 

まあ、そんなことに首を突っ込んでアドバイスしたりするのが、どうも苦手なので、私には仲人が向いていません。

 

仲人さんを仕事にされる方は、すごく面倒見のいい方だと、改めて思います。

 

いつだって、誰だって、何歳だって恋愛は自由だし、恋愛のどんな価値観も否定したくない。

そんな気持ちが、私には昔からあるので、お見合い向きではないんでしょう。

 

今日は、まとまらないブログになってしまいました。

婚活のこと書いたからだ・・・。

 

あなたの結婚式が上質で、温かく、価値のある日となりますように。

 

お友達登録で、2020年秋婚、冬婚、2021年春婚のご相談をお気軽に。

簡単に解除できます!