There is wedding ここにある結婚式 岡澤ひとみ

上質で温かく、価値のある結婚式に必要な全てを書いています

【結婚準備】卒花さんが大変だったこと3つと岡澤式解決方法

「結婚準備で大変だったことは何ですか?」

と、挙式が終わった花嫁さんに聞きますと、たいてい同じ答えが帰ってきます。

今日は、花嫁さんたちが、準備で大変だったと思ったこと3つを、ご紹介し、解決方法も解説します。

 

 

f:id:thereiswedding:20200119130256j:plain

 

1手作りアイテムがなかなか仕上がらなかった

インスタやYouTubeを見ながら、節約のため手作りをしたけど、いちから調べて作り始めるので、1つ1つ時間が掛かって、間に合わないのでは?とハラハラしたという意見が多いのです。

招待状でもプロフィール映像でも、まずは調べてから作るので、時間が掛かってしまいますよね。

 

<岡澤の解決法>

◆早めに手作りの準備に取り掛かる。

◆無理せずプロに任せられるものは任せてしまう。

◆節約になるものと、そうでないものを見極める(材料を購入し時間を使って作るなら、買う方が安い場合も正直あります)

 

2仕事と準備の両立

仕事が残業になったりすると、寝るのが遅くなったりして体力的にもきつく、準備が出来ない日が多かったという意見。休みの日にまとめて作ろうとしても、なにかと予定が入って、まとまった時間が取りにくかったという意見も多くありましたよ。

 

<岡澤の解決法>

◆仕上がり日から逆算して、休みの日をどのくらい使えるか?時間単位で把握し、出来ればスケジュールを可視化する。

◆仕事の日は無理をせず、ストレスをためないようにする。

 

3家族の意見と自分たちの考えを調整するのが難しかった

両家のご両親から意見が増えてきて、引出物など自分たちが考えていたものに、NOを言われて悩んだというものです。

また、親せきは招待しないつもりだったのに、親からどうしても招待したいと言われ、会場が手狭になったという意見も多くあります。

 

<岡澤の解決法>

◆引出物などは親せき用・友人用と分けて手配することが可能なので、無用にイライラしない。

◆両親にも親せきとの付き合いで、気を遣う部分があることを理解して、全部を拒否するのではなく、「そんなこともあるよねー」と楽観的に受け止め、イライラを減らす。

◆なるべく親とコミュニケーションを取って、お互い、相談しやすい関係を早めに作っておく。意外と家族でも、相談ができず、最後になって親が出て来て、計画が大きく変わったなんてこともあります。

 

4まとめ

どうしても、準備中はイライラしたり、相手に不満が出たり、喧嘩も増えます。

特に彼氏が頼りないって感じることで、マリッジブルーになったりも多々あります。

そういうとき、手前みそですが、私たちにご相談いただければネットで調べたりするより、素早く問題解決ができますので、準備もスイスイ進みます。

こんな人気記事もあります。

 

www.hitomiwedding.site

www.hitomiwedding.site

 

結婚準備のストレスも少し軽減されるはずです。

 

何でも質問やご相談くださいね。お待ちしております。

あなたの結婚式が上質で温かく、価値のある日となりますように。