There is wedding ここにある結婚式 岡澤ひとみ

上質で温かく、価値のある結婚式に必要な全てを書いています

【結婚式の手作りグッズ】いつから取り掛かるのが正解か?岡澤が解説

結婚式の手作りグッズ、もう作り始めてますか?

「まだ、これから・・」という人にも必見。今日は、いつから手作りグッズを作り始めたら、ベストなのか?をご紹介します。

f:id:thereiswedding:20200127203550j:plain

 

1いつから取り掛かればいいのか?

結婚式手作りアイテムの作成に取り掛かるタイミングは、次の2つに分けましょう。

①日取りが決まって会場が決まったら、すぐに作り始めていいもの

招待状、ウエルカムボード、ウエディングベアー、結婚指輪、リングピロー、ゲストへのメッセージカードや、新居のご案内カード、お車代などの封筒、お料理やお飲み物が決まればメニューカードやドリンクカード、ウエディングドレスや、ヘア飾り、造花であればウエディングブーケ、引出物に陶芸品など作る場合も。

私の知り合いの花嫁さんは、なんと会場のテーブルクロスまで手作りされましたよ。

ミシンが大活躍だったそうです。

 

②招待客や席順が決まらないと作り始められないもの

席順表、席札、卓上記号、プチギフトにクッキーなど焼く場合は、ぎりぎりになりますね。

 

①に関しては早めに作り始めてOKです。ウエディングドレスを作る人もいらっしゃるかと思います。体型の変化に注意しながら、仮縫から最終の仕上げまで、時期が大切になってきます。

 

②に関しては、ゲストの出席が決まって、お席を決めてからですよね。

 

2招待状は要注意

招待状は、発送する時期、返信日、会場の地図や付箋カードなど、色々こまかな注意が必要です。

こちらの記事をご参考になさってください。

www.hitomiwedding.site

 

ゲストの住所リストアップや、慶事用切手のご用意、そして封筒のあて名書きなど、手間がかかる作業が多いので、早めに取り掛かってくださいね。

慶事用切手やスタンプも色んな種類がありますよ。

 

まずは、式場と日取りが決まったら、招待状の手作りを考えているカップルは、

情報収集から始めていきましょう。

 

3手作りする前にプランナーさんに相談

現場で、何度も経験したのが、「あぁ、ここ間違えてる・・、作る前に言ってもらえたら、アドバイスできたのに」という事態。

前もって、お二人が手作りしようと考えておられる場合は、見本をお渡ししたり、間違えやすいポイントなどもアドバイスできますので、まずはプランナーさんに相談してみてくださいね。

遠慮は禁物です。

また、手作りに没頭しすぎて寝不足になったり、体調を崩す花嫁さんも沢山、見てきました。お身体一番にしてくださいね。

 

あなたの結婚式が上質で、温かく、価値のあるものでありますように。

いつでも、なんでもご相談ください。

まずはラインでゆるっとお繋がりくださいね。